タダポックスの服用といっしょに行いたい早漏改善法

基本的にはED克服と同じく、食生活や運動の習慣を変えることが有効です。しかし、他のアプローチもたくさんあります。

スクイーズ法で射精タイミングをコントロール

男性器を手やオナホールで刺激し、射精しそうになった時に陰茎指で強く圧迫して我慢するということを繰り返すことで、タイミングがコントロールできるようになる方法です。自慰の時に1人でもできますし、セックスの時パートナーに協力してもらうこともできます。

1度で克服できる方法ではありませんので、根気を持って毎日積み重ねてみましょう。

金冷法マッサージで睾丸の働きを正常化

昔から伝わる方法で、睾丸を冷水にかけて冷やす方法です。身体にフィットする下着が普及したことで、精巣の温度が慢性的に高くなってしまっていると言われています。冷やすことで衰えていた働きが元通りになり、また血行が良くなることで勃起力が上がるようです。

この方法はお風呂で行うとやりやすいでしょう。マッサージの後は湯船に浸かって睾丸をもともとの温度まで温めるというアフターケアも欠かさず行いましょう。

セックスの最中でも工夫できることがあります

早漏の男性がもっとも気をつけるべきことは、必要以上に腰を振らないことです。「激しく腰を動かすべき」と考えている男性が多いですが、実はそれは誤りです。ピストン運動はとても射精しやすいですが、女性の快感はさほど高くありません。ゆっくりとした腰使いで前後以外にも動かすようにしましょう。

また、体位も重要な要素です。もっとも射精しやすいものはピストン運動を行いやすい正常位だと言われています。反対に、男性が動きにくい座位や騎乗位は早漏の方にもオススメです。

男性器を鈍化させるコンドームやスプレーなども販売されているようですので、どうしても上手くいかない時は購入を検討してみましょう。

生活習慣の他にも、早漏を改善できる日々のトレーニングがあります。セックスの最中でも射精までの時間を長くする工夫はたくさん取れます。タダポックスを服用しながらこれらのことを実践することで、より充実したセックスが行えるはずです。